しみやしわが生じる原因や、解消するための対処法を分かりやすく纏めています。

menu

しみ・しわの原因対策

しわの原因にも○○○は関係している!?

しわはある程度は仕方ないと諦めるのはまだ早い!

鏡で自分の顔を眺めていると、目じりや眉間、おでこなどに小じわができ始めているなんてことはありませんか?

あるいは、すでに目立つほどのしわができているという方も少なくないでしょう。

「年齢を重ねた肌にはしわは少なからずあるもの」と割り切っている方もいるかもしれませんが、しわがあると実年齢よりも老けて見られたりメークが面倒になったりしますから、しみやたるみと同様に、しわというのはできれは防ぎたい肌の老化サインのひとつと言えます。

そんなしわの原因も、ほかのお肌の悩みと同じようにひとつではありません。まず、その原因としてチェックしたいのが「紫外線」です。

紫外線というと、しみの原因に結び付きやすいですが、紫外線はしわにも影響を及ぼすのです。

しわの原因を知り、効果的な対策をしよう

今ではすっかり当たり前になっている紫外線対策ですが、中にはそれを年間を通してほとんど行っていない方もいますし、小麦色の肌がブームになった頃だとその小麦色の肌を手に入れるためにあえて紫外線対策を行っていなかったという方もいるでしょう。

そのような積み重ねがやがて「しわ」となって肌に表れてくる頃には、肌のハリも失われはじめ、肌のたるみも感じるようになります。だからこそまずは、紫外線対策の実施が大切になってきます。

そしてしわと言えば、「肌の乾燥」という点も見逃せません。

肌の乾燥が主な原因となるしわは、いわゆる「ちりめんじわ」です。

このちりめんじわは、早ければ20代前半からできはじめることもあるので、若い方でも油断は禁物です。

乾燥肌だという自覚がある方は、その乾燥肌の改善に取り組むことからスタートしてみましょう。乾燥対策としては、部屋の湿度に着目することも重要です。

加湿器や加湿機能のある空気清浄機などを使い、部屋の空気の乾燥を防ぐようにしましょう。

ついつい眉間にしわを寄せてしまう方は要注意

表情が変化しやすい目元や口元は、しわができやすい部分でもあります。

つまり、眉間にしわを寄せるクセのある方は、そこにしわができてしまいやすいことになるのです。眉間に縦のしわがクッキリ入るのは、できれば避けたいですよね。

もし眉間にしわを寄せたり、顔をくしゃっとするような表情のクセがあったりすれば、そのクセを治すこともしわ対策としては有効になってきます。

そういった表情のクセにはストレスが関係していることもあるので、「普段自分はストレスを感じることが多いかも」と思ったら、それを解消できる方法を取り入れていきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。