しみやしわが生じる原因や、解消するための対処法を分かりやすく纏めています。

menu

しみ・しわの原因対策

涙袋のたるみも徹底的にケアしたい!

キュートな印象の涙袋にもたるみが…!?

目の下にぷっくりとしたふくらみがあると愛らしい印象になるので、その「ふくらみ=涙袋」を手に入れようと、専用のアイテムを使ったりプチ整形をしたりする方も中にはいます。
そのような涙袋への憧れがあるので、天然ものの立派な涙袋がある方はそれを羨ましがられたこともあるのではないでしょうか。
しかし、そんな涙袋によって目元のたるみが強調されてしまうこともあります。
チャームポイントだった涙袋も、たるんでしまえば疲れたような印象や老けた印象に見られる要因になるので、何としても涙袋のたるみは防ぎたいものです。

涙袋のたるみは筋肉の衰え

ぷっくりと膨らんだ涙袋にも筋肉があり、その筋肉が衰えることで目元にたるみが表れます。
大きな涙袋ほど、目元のたるみが目立ちやすくなるので、ぷっくりとした涙袋の持ち主の方は早いうちからたるみ対策をスタートさせたほうがいいかもしれません。
その対策としては目の周囲にある「眼輪筋」を鍛える方法が有効です。
ではさっそく、眼輪筋の鍛え方を以下で紹介します。
1.まぶた、下まぶたなど、目元にクリームもしくはアイムリームを塗る。
2.目をぎゅっと細める。
3.2の状態のまま眉毛を引き上げ、10秒間維持する。
4.眉毛を元の状態に戻す。
この一連の流れを数回繰り返すことによって、眼輪筋を鍛えることができます。
一見簡単なエクササイズのように見えますが、目を細めたまま眉毛を引き上げるというのは、慣れないとなかなか難しいものなので、その分やりがいも感じやすいかもしれません。

優しくマッサージをして血流をよくしよう

涙袋のたるみ対策には、マッサージを取り入れるのもオススメです。
目元だけをマッサージしてもいいですし、顔全体をマッサージしても構いません。
目元をマッサージする際には、力を入れずに優しく行うことが大切です。
目元の皮膚は繊細ですから、強い力でマッサージをすると悪影響が出るおそれがあるためです。
また目元や顔全体のマッサージの際には、クリームを塗るようにしましょう。
クリームの作用ですべりがよくなりますし、美容成分を多く含むクリームであれば、マッサージによってその成分をじんわりと浸透させていくことができます。
マッサージをすると血行が促進され、お肌のハリ感アップへと導くことができるので、エイジングケアの一環としてもマッサージには注目です。
目は疲れやすい部分でもあるので、こうしたマッサージによって目元の疲れを取ることも可能になります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。