しみやしわが生じる原因や、解消するための対処法を分かりやすく纏めています。

menu

しみ・しわの原因対策

しみの原因はたくさん!アナタはいくつ知っている?

できれば防ぎたいしみの原因

しみが肌にできてくると、「年を取ったな~」としみじみ感じてしまいますよね。
たとえしみがあっても、素敵に年を重ねている方はもちろんたくさんいますが、できればあまり作りたくないのがしみというものです。
もし、しみができても、ある程度ならメークでカバーできますが、カバーしなければならないものが肌にたくさんあるのは歓迎できません。

さて、そんなやっかいなしみの原因と言われると、多くの方が「紫外線」を思い浮かべるのではないでしょうか。
私たちの肌は、紫外線によってメラノサイトと言われる細胞が刺激を受けます。
そのメラノサイトは、紫外線による刺激からメラニン色素を作り出そうとするのです。

やがてメラニン色素が肌表面に出てくると、しみという形になって私たちの目でも確認できるようになります。
ただそうやってメラニン色素を作り出すのは、メラノサイトが私たちの肌を紫外線の影響から守ろうという働きによるものです。

しみの原因は紫外線だけではない

しみの原因に紫外線が大きく関係していることは事実ですが、それだけでしみができるわけではありません。
紫外線以外では、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、ニキビによる炎症、加齢などがしみの原因として挙げられます。

また、乾燥肌がしみの原因になることもあります。
肌の乾燥はコラーゲン不足を引き起こし、それによって肌細胞の動きがにぶってしまい、しみができやすい環境になるのです。

しみへの対策を行う場合として、まず柱となってくるのは「紫外線対策」と「乾燥肌対策」でしょう。
紫外線の影響を最小限に留めて肌の潤いをキープするというのが、しみのケアの基本となってきます。

ニキビがしみに影響するのはナゼ?

上記のしみの原因のひとつに「ニキビによる炎症」を挙げましたが、皆さんの中にはそれを疑問に思う方もいるかもしれません。
炎症を伴うニキビですと、ニキビ跡になりやすく、それが長く残ってしまうとその部分に色素沈着が起き、しみになってしまうのです。

ニキビはほぼすべての方が経験する肌の悩みですが、そのニキビからしみにつながる場合もあると思うと、ちょっとゾッとしてしまいますよね。

まとめ

多くの方の肌の悩みとなっているしみを防ぐ第一歩としては、まずはその原因を知ることが大切です。
しみの原因はひとつだけではないので、紫外線ばかりがしみの原因だと思っていると、正しいケアができないかもしれません。
だからこそまずは、今回紹介したようなしみの原因をいろいろと知っていくことが重要になってきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。