しみやしわが生じる原因や、解消するための対処法を分かりやすく纏めています。

menu

しみ・しわの原因対策

美肌のコツは、紫外線と上手に付き合い睡眠不足は避けるコト!

ちょっとした工夫で紫外線による影響を少なくさせる

すべてのお肌の悩みにつながると言っても過言ではない「紫外線」。
しみ、しわ、たるみなど、女性としてはできれば一生縁遠い存在であってほしいお肌の悩みにも影響する紫外線を防ぐために、美意識の高い方はさまざまな工夫をしています。

今回は、そんな美意識が高い方も、もしかしたらやっているかもしれない紫外線対策や美肌への工夫を紹介します。

まず紹介するのが、「紫外線を多く浴びる日の前に行う対策」です。

海水浴やキャンプなど、外で長時間過ごすような予定がある前の日には、シートマスクなどを使ってパックをしましょう
いつもより念入りに肌の保湿をすることによって、紫外線などのダメージを受けにくい肌を作ることができます。
もちろん、前日にパックをしても日焼け止めなどは必須ですが、日焼け止めに加えてこのような前日のケアがあれば、それだけでもしみ・たるみなどの予防につながるはずです。

10時〜14時の間は、紫外線量が増える

1日の中で、紫外線量が増える時間帯は「10時〜14時」です。
特に12時前後には、紫外線量がピークを迎えます。
したがって、その時間帯に外に出れば、より紫外線の影響を受けやすくなるということになります。
ただそうは言っても、休日ともなればその時間帯は外に出かけている方も多いでしょうし、外回りをしている方なら10時〜14時までは紫外線量が多いから外回りができないとも言っていられません。
しかし、その時間帯にしなくてもいいことであれば、時間帯をずらしたほうが紫外線対策になります。
例えばウォーキングやランニングなどは、朝方や夜に行ったほうが気温も低くなっていますので、余計に体力を消耗してしまうということもないでしょう。

質の高い睡眠は美肌に欠かせない

睡眠不足が続くと、「何だか最近肌の調子がよくないかも?」と思うことがあるはずです。
それもそのはず、睡眠はお肌の調子を左右するひとつの要素なんです。
眠っている間には、若返りホルモンという異名を持つ「成長ホルモン」が分泌され、それによって肌の再生力や修復力をアップさせることができます。
この成長ホルモンは、眠り始めてから3時間までの間に分泌量が増えますので、もしその途中で目が覚めてしまうような場合は、寝る前にアロマの香りでリラックスしたり、スマホやテレビをお休みして光の刺激を受けないようにしたりといった工夫が大切になります。

そのほかにも、質の高い睡眠を実現できるような工夫を、自分なりに探ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。