しみやしわが生じる原因や、解消するための対処法を分かりやすく纏めています。

menu

しみ・しわの原因対策

しみにはいくつも種類がある?各しみごとの特徴とは?

しみの種類はひとつではない?

一見同じように見えるしみも、実際のところはいくつかの種類に分かれています。
しみは医学的に6つに分類され、普段私たちが言うところの「しみ」にあたるのが「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」というものです。
これは紫外線が主な原因となるもので、できはじめた頃は薄いしみも、いずれそのしみが濃く変化したり広がったりしていきます。
初期段階の場合、美白化粧品でのケアも可能となります。

次に紹介する「肝斑(かんぱん)」は、30代〜40代の方にできることが多く、発生箇所は目じりの下辺りで、左右対称に発生するという特徴があります。
肝斑の場合は、生理不順や妊娠などが関係することがあると言われています。
肝斑について知らないと、いわゆる普通のしみである老人性色素斑と間違うことも少なくないのですが、老人性色素斑とは適切な対処法が異なり、肝斑の場合はトラネキサム酸を含む内服薬での治療が主な治療法として推奨されています。

続いて「雀卵斑(じゃくらんはん)」について紹介しましょう。
非常に難しい漢字の並びで、初めて目にしたという方も多いであろう雀卵斑ですが、これはいわゆる「そばかす」のことを言います。
そばかすの場合は、美白化粧品の効果は多少期待できますが、完全に消し去りたい場合はレーザー治療を選ぶことが多いです。
しかしそばかすの場合、遺伝的要素が強いものなので、レーザー治療を受けて一度キレイになっても再発するケースが少なくないと言われています。

そのほかの「しみ」の種類もチェック

次に紹介する「炎症性色素沈着」は、ニキビやケガなどが治った後に一時的に発生するしみのことを言います。
「一時的に」ですので、特にケアをしなかったとしても自然と治っていきますが、治るまでに長ければ約3年かかることもあり、その期間の長さがネックとなります。
この場合も美白化粧品の使用は有効ですが、より効果的なケアを希望する場合はケミカルピーリングを検討するといいでしょう。
また、同じ炎症性色素沈着でも慢性的なニキビなどを抱えている場合は、それがなかなか消えないしみとなってしまうことがあります。

では次に、「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」を紹介します。
これはいぼのような見た目のしみのことを言い、美白化粧品の効果はほぼ見込めないという特徴があります。
そのため効果的な治療法としては、レーザー治療が挙げられています。

そして最後に、「花弁状色素斑(かべんしょうしきそはん)」について紹介しましょう。
これはアウトドアなどで紫外線を長時間浴びた場合、肩から背中に発生する点状のしみのことを言います。
このしみに関しても、レーザー治療が主な治療法として挙げられます。

このように、しみの種類によって適切なケアや治療法が変わってくるので、しみができた場合はそのしみをまずはよくチェックしてみてくださいね。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。