しみやしわが生じる原因や、解消するための対処法を分かりやすく纏めています。

menu

しみ・しわの原因対策

紫外線対策をうっかり忘れたときに頼りたい食べ物とは?

紫外線対策に有効な食べ物

しみやしわ、たるみなどの肌の悩みの多くに関係する紫外線対策は、キレイな肌を保っていきたい女性にとってはとても気になるものですよね。
その紫外線対策には、食生活にこだわることも有効です。
紫外線対策にオススメな栄養素と言えば、「ビタミンC」がよく知られています。
ビタミンCが豊富に含まれるのは、赤ピーマンやゴーヤ、いちご、ブロッコリー、カイワレ大根などさまざまです。
またしみなどを防ぐためには、抗酸化作用をもたらしてくれる食べ物にも注目しましょう。
抗酸化作用をもたらす食べ物には、トマトやグレープフルーツ、うなぎなどがあります。
またトマトには「リコピン」が含まれていることも大きな特徴です。
トマトが赤い色をしているのはこのリコピンによるもので、リコピンには優れた抗酸化作用があります。

ビタミンは加熱に弱い?

ビタミンという栄養素には、何となく加熱に弱いのでは?というイメージもあるかもしれません。
実際、ビタミンの中には熱に強いものと弱い物とがあり、さきほど紹介したビタミンEは熱に強いのですが、ビタミンCの場合は熱に弱いという特徴があります。
ただ、熱に弱いビタミンでも、「加熱=ビタミンのよさがすべて失われる」ということではありません。
しかし、コトコトとゆっくりと時間をかけて熱を加えてしまうと、せっかくのビタミンCの残存量が減ってしまいますので、加熱時間が短く済む料理を選ぶのがポイントになります。
また電子レンジでの加熱でも可能なら、電子レンジを使ったほうがビタミンCを多く残して加熱をすることが可能になります。
最近では、電子レンジ調理の幅が広がる調理アイテムも多く出てきていますので、そういったアイテムにも注目してみるといいでしょう。

「今日は日焼けしたな〜」という日に食べたいもの

しみやしわなどの予防のため、紫外線対策に取り組むときには、紫外線をたっぷり浴びた日に積極的に食べたい食べ物についても知りたいものですよね。
そんなときに食べたい食べ物も、基本は紫外線対策に役立つ食べ物と同じです。
ビタミンCビタミンEなどの栄養素には注目ですし、中でもオススメなのはトマトです。
また、意外に思われるかもしれませんが「チョコレート」や「紅鮭」も、日焼けしたと感じた日にはオススメなんですよ。
チョコレートにはしみ予防や新陳代謝の活発化などに働きかけるカカオポリフェノールが含まれていますし、紅鮭に含まれるアスタキサンチンは、優れた抗酸化作用を持っています。
このアスタキサンチンとは、紅鮭の赤を表す色素で、ここ最近は基礎化粧品の成分としても知られるようになりました。
こうした食べ物の中から、自分が食べたいものをいくつかピックアップしていけば、紫外線をたっぷり浴びた後でも慌てずに体の内側からのケアをすることができるのではないでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。