しみやしわが生じる原因や、解消するための対処法を分かりやすく纏めています。

menu

しみ・しわの原因対策

ほうれいせん対策の第一歩はその原因を知ることから

お肌のたるみが引き起こす「ほうれいせん」

ほうれいせんの原因はズバリ「お肌のたるみ」です。
それまでピンと張っていた頬がたるんでくれば、その影響でほうれいせんが目立つようになってしまいます。
そのお肌のたるみの原因については、ほかのページでも紹介している通り、第一に「紫外線」が挙げられます。
紫外線のダメージは肌のたるみにつながり、ほうれいせんなどのしわやしみなど、さまざまな肌の悩みにも発展します。
紫外線対策をほぼしなかった方や、紫外線のダメージを受けやすい生活を送っていた方の場合、ほかと比べて肌の老化スピードが速まる傾向にあります。
だからこそ、やはり丁寧な紫外線対策が求められるのです。

無理なダイエットが肌のたるみにつながることも

適度なダイエットはリバウンドしづらいというメリットがありますが、そのほかに代謝を活発にさせたり肌をキレイにしたりすることにもつながります。
また定期的に運動をしていけば、細胞の入れ替わりをスムーズにさせることができ、肌にも栄養が行き届きやすくなります。
そしてダイエットに成功をすれば、それがフェイスラインにも表れてきますから、小顔効果までも期待することができます。
しかしながら、無理なダイエットによって急激に体重を落とすようなことがあると、それが肌のたるみを引き起こすおそれがあります。
太っていた状態から急激に体重を落とすと、皮膚が余ってしまいたるんだようなお腹やおしりになることがあります。
そのようなことが、顔にも起こる場合があるのです。
ですからほうれいせんを防ぎたいと考えているのであれば、無理なダイエットは避けたほうがいいでしょう。
もちろん、ほうれいせん云々に限らず、無理なダイエットは美容面・健康面ともに悪影響を与えかねない行為なので、ダイエットをするのなら適度なダイエットをすることを心がけてくださいね。

20代でもほうれいせんができる?

ほうれいせんというと、年齢のサインというイメージがあるため、20代には無縁と思っている方もいるかもしれません。
ですが20代でもほうれいせんができる方はいます。
20代のほうれいせんでも、その原因として「紫外線」は無関係ではありません。
上記でも紹介したように、紫外線の影響を強く受けるような生活を送っている方はその分肌の老化が加速するわけですので、心当たりがある方は早いうちから紫外線に気を付けておくといいでしょう。
またデスクワークをする方が増えているので、それによって猫背になる方も多い傾向にあります。
猫背だと顔が下へと引っ張られていき、その分肌のたるみが起きやすくなり、結果的にほうれいせんも発生しやすくなるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。