しみやしわが生じる原因や、解消するための対処法を分かりやすく纏めています。

menu

しみ・しわの原因対策

現代人の生活はほうれいせんを作りやすい?その理由って?

ほうれいせんができやすい人の特徴とは

できれば深く刻まれてはほしくない「ほうれいせん」ですが、中にはそのお悩みを抱えやすい方がいるようです。

そういう方はいったいどのような特徴を持っているのでしょうか?

そこでまず注目したい二つの特徴は、「丸顔」「頬がぷにぷにと柔らかい」というポイントです。上記の特徴に当てはまる方は頬の筋肉量が少なく頬が下がりやすいため、ほうれいせんが発生しやすいのです。

しかし、頬が固ければほうれいせんができにくいということもありません。皆さんの中に、睡眠時にできたシーツのしわなどがいつまでも残ってしまうという方はいませんか?

そういう方は頬の筋肉がカチカチになっていて、頬の柔軟性が乏しくなってしまっています。

そのような状態も、ほうれいせんができやすい状態なので、頬がぷにぷにしていないからと言って油断はできません。

パソコンに向かうことが多い方は要注意!?

パソコン作業が多い方は、その作業をしているときのご自分の姿勢に自信はありますか?

おそらく、ほとんどの方が「姿勢に自信がない」と答えるでしょう。

パソコン作業を始めたばかりの頃は正しい姿勢を意識していても、いずれその姿勢が崩れていき、ついつい前かがみの姿勢になったりうつむくような姿勢を取ったりしてしまいます。

そのような姿勢は、肩こりなどにつながるだけでなく、頬のたるみ、そしてほうれいせんの原因になることもあるのです。

また現代人の多くが利用しているスマートフォンは、姿勢を悪くする大きな要因でもあります。スマートフォンを利用しているときは、ついつい顔が下にあるスマートフォンのほうを向いてしまい、頬がたるみやすくなります。

食べ方のクセや自分の肌の状態も要チェック

食事をする際に、左右どちらか一方で咀嚼することが多いという方もほうれいせんには要注意です。

そういう食べ方のクセがあると、顔の左右でフェイスラインがまったく違ってきてしまうというような、バランスの乱れにつながってしまいます。

もともと人間の顔で完全に左右対称というケースはまれなのですが、その差が顕著になっている方は、ご自分の食べ方を見直してみるといいでしょう。

また、洗顔後は間髪入れずに化粧水をつけないと、肌がつっぱってどうしようもないという方や日焼けをしている方も、ほうれいせんには注意してください。

乾燥肌であることや紫外線の影響を受けているということも、ほうれいせんにいずれ関係する場合があります。

このように、ほうれいせんに結び付く特徴は多くあるので、その特徴にまったく当てはならないという方のほうがおそらく少数派でしょう。だからこそもし当てはまる特徴が多かったとしても、それを後ろ向きに捉えずに前向きにほうれいせんの対策につなげていくことが大切になります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。