しみやしわが生じる原因や、解消するための対処法を分かりやすく纏めています。

menu

しみ・しわの原因対策

見た目年齢10歳アップ!?いや~な顔のたるみの原因を探ろう!

見た目年齢を引き上げてしまう要因

見た目年齢を左右する要素はいくつかありますが、その中でも特に見た目年齢を引き上げる要因になりやすいものに「顔のたるみ」があります。

顔のたるみがあると、中には実年齢より10歳程度上に見られるケースもあるそうですから、たるみは是非とも防いでいきたいものですね。

見た目の若々しさにつながる肌のハリには、化粧品の成分としてもおなじみのコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンが関係します。それらが肌の真皮層にしっかりと存在していることが、肌のハリを導いているのです。

しかしその3つの成分を生成する線維芽細胞は、紫外線の影響を受けてしまいます。

ですから紫外線対策が不十分だと、いずれ肌の真皮層に存在するコラーゲンなどの3つの成分が不足し、肌のハリが失われてしまうということになるのです。

偏った食生活も「たるみ」につながる

私たちの体は生きていく上でさまざまな栄養素を必要としますが、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンもその例外ではありません。

栄養バランスが偏った食事ばかり続けていれば、それら成分を生み出す線維芽細胞も栄養不足となり、結果的に肌のハリ不足を招いてしまいます。

そしてその負のサイクルには、睡眠不足も原因となりえます。キレイなお肌にとって十分な睡眠は不可欠ですから、睡眠不足が頻繁に起きるような生活を送っていると、肌もたるみやすくなってしまうでしょう。

また肌のハリにつながる、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンは、40代を境にその量が赤ちゃんのおよそ半分なってしまうと言われます。

赤ちゃんの肌にぷっくりとしたハリや潤いがあるのは、そのように体内で生成されるコラーゲンなどの量が豊富なためです。

表情筋・深層筋が衰えると…

人間の顔は喜怒哀楽、さまざまな表情を作り出します。

そんな風に表情豊かになれるのは、「表情筋」「深層筋」があるおかげです。表情筋は皮膚のすぐ下に存在するもので、その筋肉が働きことでいろいろな表情を作り出すことができます。

そしてその表情筋を支える役割を担うのが深層筋で、これは骨に付着する形で存在します。またこの深層筋はポンプの役割も担っており、そのポンプによって顔全体に血液をいきわたらせることができます。

これらの筋肉がそれぞれ衰えてしまえば、顔の脂肪や皮膚を支える力が弱まったり、肌にスムーズに栄養が回らなくなったりします。

ただ表情筋、深層筋に関しては鍛えることが可能ですので、それを取り入れることで顔のたるみを予防することができます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。