しみやしわが生じる原因や、解消するための対処法を分かりやすく纏めています。

menu

しみ・しわの原因対策

クリニックでのたるみ治療を知ろう!

クリニックではどんなたるみ治療をするの?

肌のたるみは、マッサージなどによって改善することが可能です。
しかし、そうやってケアに取り組んでもあまり改善しないような場合、クリニックでたるみ治療を受けるという選択肢を視野に入れてみてもいいでしょう。

クリニックではさまざまなたるみ治療が行われていますが、そのひとつに「レーザー治療」があります。
レーザーは脱毛でもおなじみで、美容クリニックでは出番の多い存在です。
また、一口にレーザー治療と言ってもその種類はさまざまで、たるみ治療に関しては「フォトフェイシャル」「タイタン」「サーマクール」「ポラリス」などがあります。
この中で、フォトフェイシャルについて簡単に説明していきますと、これは顔全体に特殊な光を照射していく治療法で、肌のツヤ・ハリ・潤いアップへと働きかけることができるものです。
さらに肌細胞にも作用するため、小じわ、たるみ、ニキビなどの改善へと幅広く働きかけられます。

フェイスリフトは切開あり・なしに分かれる

肌のたるみ治療としては「フェイスリフト」も挙げられます。
これには切開する方法と切開しない方法とがあり、前者の場合は耳の前後にメスを入れ、筋膜を引っ張ります。
そしてたるみの原因となる脂肪を取り除くので、肌のたるみが改善された状態を長期間維持することができます。

後者の場合は、針によって皮膚に穴を開けていき、そこに医療用の糸を埋め込みます。
その糸で皮膚を引き上げていくので、肌のたるみを改善することができます。
切開が必要ないので術後の傷が目立ちませんし、切開する方法に比べるとダウンタイムが短く済みます。

注射による肌のたるみ治療も

肌のたるみ治療でも、注射による治療は存在します。
少し前から化粧品やサプリメントの成分としてもおなじみの「プラセンタエキス」は、注射治療でも活用されています。
プラセンタ注射のいいところは、「プラセンタエキスの良さをダイレクトに肌に届けられる」という点です。
プラセンタキスが作用することで、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が増えていきますので、その結果、肌のハリ感アップ、たるみ改善を実感することができます。

そのほかの注射治療としては「ヒアルロン酸注入」「ボトックス」などがあります。

このように、クリニックでのたるみ治療にはいろいろな種類があるので、もし実践するのであれば、たるみの状態やご予算などに合った適切な方法を是非とも選びたいものです。
そのためには、医師とのカウンセリングが重要になります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。