しみやしわが生じる原因や、解消するための対処法を分かりやすく纏めています。

menu

しみ・しわの原因対策

若々しい首元を保つために早めのしわ対策を

444eb0b7c2230f6ebfc7542103d8f619_s

首のしわこそ「予防」が大切!

首は年齢が出やすい部分のひとつです。
顔は若々しく見えても、首にしわがあるとそれだけで「本当はこの人いくつなんだろう?」とよからぬ想像をかきたてられるかもしれません。

首のしわの怖いところは、「消えにくい」という点にあります。
深い首のしわができると、正直なところ完全にそれを消し去るのは難しくなってしまいます。
だからこそ、首のしわができないように日ごろから気をつけることが大切です。
そしてこの首のしわというのは、若い方でもできる場合があります。
生活習慣によってできやすくなるものでもあるので、もしかしたら10代でも首にしわができることがあるかもしれません。

首のしわの原因って?

首のしわに関しても、やはり紫外線の影響は無関係ではありません。
ですから顔の紫外線対策だけにこだわらず、首への紫外線対策も丁寧にやっていく必要があります。
日焼け止めを塗るときには、首の後ろ側も忘れずに塗っておくといいでしょう。
また首への紫外線対策としては、ストールを使うのもオススメです。
UVカット機能がついていて、洗うことができるストールも販売されているので、夏場にはそういったストールを中心に活用していくといいのではないでしょうか。
そして、やはり皮膚の乾燥も首のしわに関係します。
首には保湿クリームなどを塗らないという方もいるでしょうが、首も当然乾燥を感じる部分ではあるので、スキンケアの際には首への保湿も行ってください。
なお深い首のしわができやすいのは紫外線が主な原因となる場合で、乾燥が主な原因となる場合は首に細かなしわができることが多いです。
細かなしわのほうがケアはしやすいですが、いずれ首に深いしわができる可能性もあるので油断は禁物です。

高すぎる枕で首のしわが加速!?

今あなたがお使いの枕は、どのような高さでしょうか?
もし高めの枕が好きで、それをずっと使っているという方は、すぐにでも枕の高さを見直すことをオススメします。
枕が高すぎると、首にしわができやすくなります。
そしてその状態を寝ている間はずっとキープすることになるので、首にしわがつきやすくなるのです。
だからと言って、低すぎる枕もよくありません。
枕が低すぎると、頭が下がってアゴが上を向いてしまうことになるので、そうなると頭に血が溜まってしまいます。

理想は、頭とアゴのラインが平行になる枕なので、今の枕ではその平行なラインを作ることができないという場合には、ほかの枕を試してみてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。