しみやしわが生じる原因や、解消するための対処法を分かりやすく纏めています。

menu

しみ・しわの原因対策

やっかいな口元のしわは、どうやって改善する?

28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_s

目元と同様に気になりやすい口元の「しわ」

しわが気になりやすい部分の代表格と言えば、目元をまず思い浮かべる方も多いかもしれませんが、その際に「口元」を思い浮かべる方もきっと多いはずです。
口元のしわも、何だか一気に老けたように見えてしまってイヤな気持ちになるものです。

口元のしわに関しても、ほかのしわと同様にいくつか種類があります。
乾燥による「乾燥じわ」、口元の動かしたときに表れる「表情じわ」、顔の筋肉が老化することでできる「筋肉老化じわ」がその種類として挙げられます。
その種類ごとで適切な改善方法は変わってくるので、以下で口元のしわの種類別に改善方法をご案内します!

細かなしわのうちに対策を開始しよう!

乾燥が主な原因となってできる乾燥じわを改善するためには、当たり前のことではありますが「保湿を心がけること」が大切です。
乾燥じわの場合、最初は細かなしわができてくるのであまり目立ちませんが、それがやがて太く深いしわへと変化する可能性があります。だからこそ、早め早めの対策が肝心です。
そして乾燥じわの場合には、部屋の湿度にも注目してみてください。
特に秋冬は、加湿器を使わなければ部屋の湿度がかなり低くなってしまい、それが肌の乾燥にもつながってしまいます。
加湿器のほかには、洗濯物を室内干しするというのも、部屋の乾燥を防ぐ方法としては有効です。

次に表情じわの場合ですが、もし口を左右どちらかに寄せたりすぼめたりするような表情のくせがあるのなら、それをできるだけやらないようにしてください。
そして表情じわの改善方法でも、スキンケアは重要になってきます。
スキンケアによってしわの溝に美容成分を浸透させていきたいので、しわを伸ばしてから美容液を塗ったり、口元にコットンパックをしたりといった工夫が必要です。

表情筋を鍛えて顔の筋肉老化にストップを!

筋肉老化じわを改善したい場合は、以下のような方法で表情筋を鍛えてみてください。
・口を閉じたまま、舌を歯の表面に這わせるようにして舌を口の中でぐるりと一周させる。
・「アイウエオ」の口の動きを、大きくゆっくりと行う。
・斜め上を向き、口角をあげる。そのまま20秒程度キープ
こんな風なエクササイズを毎日行うと、普段あまり使えていない表情筋を使うことができるので、顔の筋肉を鍛えることにつながります。
表情筋を鍛えることは、顔のたるみ防止にもいい影響を与えてくれますし、フェイスラインをキレイにする効果も期待できるので、是非取り入れていきたいですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。