しみやしわが生じる原因や、解消するための対処法を分かりやすく纏めています。

menu

しみ・しわの原因対策

メークをするとますます「しわ」が気になる!?そんな悩みを解消するには?

しわがあるとベースメークが面倒…

気になるものをカバーしてくれるメーク下地やファンデーションは日々の生活に欠かせないものです。
ですがそんなベースメークも、しわがあると上手くいかない…と悩むこともあるのではないでしょうか?
しわとしわとの間にファンデーションが沈み込んでしまったり、ベースメークをすることで逆にしわが目立つようになったりと、そのお悩みはさまざまです。
そういった悩みによって、メークするのが苦痛に感じるようになるのは、何としても避けたいことです。
ここでは、しわなどのお悩みを上手にカバーできて、なおかつメークの楽しさを再発見できるような情報を紹介します。

まずは厚塗りをやめること!

しわが目立つ原因や化粧くずれの原因となるのが「メーク下地やファンデーションの厚塗り」です。
メーク下地やファンデーションを厚めに塗ったほうが気になるところをカバーしやすいと考える方もいるかもしれませんが、厚塗りは逆効果なので今すぐにやめましょう。

同じくコンシーラーの厚塗りもNGです。

コンシーラーを一度塗っただけでは気になる部分がカバーできていないというときには、その上から薄く重ね塗りするようにしてください。
メーク下地やファンデーションに関しても、重ね塗りをするなら「薄く重ねる」ということがポイントになります。

そしてメーク前の保湿を見直すことも重要です。

しわが気になりやすい目元は乾燥しがちな部分でもあるので、保湿がしっかりできていないとメーク崩れもしやすくなりますし、しわが目立ちやすくなる場合もあります。
最近どうも目元の乾燥が気になるという場合には、メーク前にアイクリームを使ったりコットンパックをしたりしてみるといいでしょう。
そうすれば目元の保湿を高められますし、しわ対策にもいい影響を与えてくれるはずです。

光を味方につけて「しわ」を飛ばしちゃおう

ハイライトは顔に美しい光をまとわせてくれるメークアイテムですが、これはしわのカバーにも有効です。
目元にハイライトを塗ることによって、お肌に自然な輝きがでます。
そして光を拡散してくれるハイライトなら、気になる部分を光の力によって目立たせなくすることができます。

また目元のメークとしては、アイシャドウベースを使うのもオススメです。
目元のしわが気になってくると、アイシャドウが塗りづらくなることがありますが、アイシャドウベースによってベースを作ってあげれば、以前よりもきっとアイシャドウがキレイにまぶたにのってくれるはずです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。