しみやしわが生じる原因や、解消するための対処法を分かりやすく纏めています。

menu

しみ・しわの原因対策

コンシーラーはしみ隠しの頼れる相棒!でも選び方がムズカシイ

a6b5b7b2a1401f7e3b8007ca8ee3e578_s

コンシーラーでしみをカバーしたいけど…

しみを薄くしたりしみを予防したりすることも大切ですが、今あるしみをすぐにカバーするためにはメークの力が必要になります。
メークでしみをカバーするとなると、コンシーラーは欠かせなくなるでしょう。
カバー力のあるファンデーションを重ね塗りすることでカバーできるしみもありますが、濃いめのしみや、しみが多い場合には部分的にコンシーラーを使うのがオススメです。
しかし普段コンシーラーを使わずにベースメークを完成させるという方も少なくなく、そのような方だと特にコンシーラー選びには頭を悩ませてしまいます。
適当に選んでしまうと、コンシーラーのなじみが悪く、ベースメークから浮いてしまうということがあるので、選び方のポイントを是非押さえていきましょう。

コンシーラーの強さで変わるカバー力

コンシーラーには、以下のような4つのタイプがあります。
リキッドタイプ
クリームタイプ
・スティックタイプ
ペンシルタイプ
この中で、カバー力が最も強いのはスティックタイプとペンシルタイプで、次いでクリームタイプ、リキッドタイプという順番になります。
商品によってこの順番が微妙に変わることもあるでしょうが、だいたいカバー力の強さは上記のようになります。

リキッドタイプの場合、カバー力が弱めな分、ファンデーションのようなテクスチャーになるため、固いテクスチャーは苦手という方にはピッタリです。
クリームタイプの場合は、リキッドタイプに比べるとテクスチャーは固めです。
スティックタイプのコンシーラーはリップクリームや口紅のような容器に入った固形のコンシーラーです。テクスチャーは固めなため、リキッドなどのようにするすると伸びるわけではないですが、その分カバー力に優れています。
また、それよりも固くできているのがペンシルタイプのコンシーラーです。ピンポイントなカバーができるので、細かなしみに悩んでいるという方にオススメです。

しみをカバーする場合は、カバー力に優れ、なおかつピンポイントなカバーもできるスティックタイプ、ペンシルタイプのいずれかを選ぶことが多いです。

コンシーラーの色選び、どうすればいい?

コンシーラーにもファンデーションと同様にいくつかのカラーラインアップがあります。
しみをカバーする場合は、ファンデーションと同色もしくはファンデーションよりも若干暗めの色を選ぶといいでしょう。
ファンデーションよりも明るい色は、コンシーラーでカバーした部分が浮いて見える可能性があるので、上手にコンシーラーを使いこなすことができません。

このようなポイントを押さえていくことで、しみをカバーしやすいコンシーラーを上手に選ぶことができるでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。