しみやしわが生じる原因や、解消するための対処法を分かりやすく纏めています。

menu

しみ・しわの原因対策

スキンケアの基本である「保湿」に「美白」を加えたケアを

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

有効なしみケアのポイントは徹底した「予防」

たとえしみができたとしても、それを消すことや薄くすることは不可能ではありません。
しかし、しみの種類や状態によっては美容クリニックで治療を受ける必要が出てくるなど、簡単には行かないケースが少なくありません。
だからこそ、しみのケアとしては「予防」に着目することが大切になってきます。
しみの大きな原因である紫外線は、日々私たちの肌に降り注いでいます。
常にパーフェクトな紫外線対策をしているという方なら、紫外線からのダメージを防げているという実感もあるでしょうが、そうではない方のほうがおそらく多いはずです。
そのような状態だと、「しみ予備軍」が肌に潜んでいることになるので、その予備軍をなくしていくことが重要になります。

「美白」と「保湿」でしみ予備軍を撃退しよう

しみ予備軍を撃退するためには、「美白」と「保湿」の2点に注目することが大切です。
美白効果が期待できる基礎化粧品は、メラニンの過剰生成を抑制することができるため、将来的にしみになりそうな部分に対して働きかけることができます。
また肌の乾燥は、肌のお悩みを大きくさせる要因になるので、毎日のスキンケアで保湿をしっかりと行うことも重要です。
肌が乾燥していると、肌のターンオーバーが鈍くなることもあるので、十分に保湿された肌を維持して、肌のターンオーバー正常化につなげていきましょう。
これらのケアと同様に、紫外線対策を行うことももちろん大切です。
紫外線対策をしている方でも紫外線のダメージによってしみができる場合があるので、何も紫外線対策をしなければ、その分しみができやすくなると考えられます。

美白化粧品を使うと肌がつっぱる?

皆さんの中にも、美白化粧品を使った後に肌のつっぱりを感じたことがあるという方がいるのではないでしょうか?
美白化粧品の場合、汗や皮脂分泌を抑制するような働きがあり、使用感としては「しっかりと潤う」というよりも、「さっぱり」という表現のほうがしっくりくるものが多いです。
また多くの美白化粧品に配合されているビタミンCには、皮脂の過剰分泌を抑えるという特徴があるので、これも肌のつっぱり感のひとつの要因になっていると言えます。
ですがしみの予防としては、美白と保湿が大切になるわけなので、美白化粧品による肌のつっぱりが気になる状態は好ましくありません。
そのような場合は、保湿力のある美白化粧品を選んだり、美白化粧品を使う前に高保湿タイプの化粧水や美容液などを使ったりして工夫をしていくといいでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。