しみやしわが生じる原因や、解消するための対処法を分かりやすく纏めています。

menu

しみ・しわの原因対策

しみ対策にサプリメントの力を借りたいという方に

しみ対策に役立てたいサプリメントの選び方

しみ対策のためには、サプリメントの力が必要だと考えている方も多いでしょう。
しかし、しみ対策にオススメなサプリメントの特徴をよく知らなければ、効果が期待できるサプリメントを選ぶことができません。

ここでは、その特徴について紹介していきます。

まず注目ポイントとして挙げられるのが「紫外線(UVB)対策ができる成分」です。
シダ抽出物である「Fernblock(ファーンブロック)」は、UVBのダメージによるDNA損傷を少なくさせることができ、さらには抗酸化作用も持っている成分です。
いわゆる「飲む日焼け止め」として注目されているので、しみ対策に取り組む方としては気にならずにはいられないのではないでしょうか。
ただ、飲む日焼け止めとは言っても、Fernblock配合のサプリメントを飲んでいれば日焼け止めを塗らなくていいということではないので、そこは注意してくださいね。

抗酸化作用を持つ成分にはやはり注目

活性酸素の活発化は、肌老化を早める要因となりますし、メラノサイトの刺激にもなりますので、やはりしみ対策としても活性酸素への対策は必要です。
活性酸素対策としては、紫外線対策をしたり栄養バランスの取れた食生活を送るようにしたり、ストレスをこまめに解消するようにしたりといったことも大切ですが、そのサポートとしてサプリメントを利用するのなら、抗酸化作用を持つ成分は欠かせなくなってくるかもしれません。

抗酸化作用のある成分のひとつに、ファイトケミカル(植物化学栄養素)が挙げられます。
これは主に植物が、強烈な紫外線などから自身を保護するために生み出した色素だったり辛味・苦味だったりを示す成分のことを言います。
このファイトケミカルに当てはまるものには、以下のようなものがあります。
・レスベラトロール
・リコピン
・アスタキサンチン
・ピクノジェノール
・ザクロ
・アサイー

抗炎症作用を持つ成分にも注目

しみ対策に役立つサプリメントを選ぶのであれば、抗炎症作用を持つ成分も是非チェックしてみましょう。
「炎症」もメラノサイトの刺激になるため、しみの素を断つという意味では、抗炎症作用をもたらしてくれる成分の必要性は高くなります。

それに当てはまる成分には、以下のようなものがあります。
・EPA(イコサペンタエン酸)
・DHA(ドコサヘキサエン酸)
・ポリアミン
EPAとDHAは魚に多く含まれる成分で、サプリメントの成分としてもすっかりおなじみなっているものと思われますが、しみ対策にとなると、ちょっと意外な感じがするかもしれません。

今回紹介した成分はあくまでも一例ですが、部分的にでも参考にしながらサプリメントを選んでいけば、しみ対策という目的も達成しやすくなるのではないでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。