しみやしわが生じる原因や、解消するための対処法を分かりやすく纏めています。

menu

しみ・しわの原因対策

ママになってから「しみ」が増えた!?

fac4f0100828793b66c3e90980070867_s

産後にはしみができやすい?

妊娠や出産は女性の心と体にさまざまな変化を与えるものですが、そのような時期には肌の状態にも変化が訪れる場合があります。
中には産後にしみが増えていることに気づいたという方もいるので、女性としては産後のそういった変化が少々気がかりです。

産後にしみが増える理由としては、「ホルモンバランスの乱れ」が挙げられます。
妊娠、出産の時期にはホルモンバランスが乱れやすく、その影響が肌に表れてくる場合があるのです。
妊娠中には、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が増えますが、このホルモンは美肌ホルモンとも言われるものです。
そんなホルモンが作用するおかげで、肌のハリなどに関わるコラーゲンやエラスチンの生成量が減ることもなく、また活性酸素の働きを抑えてくれるため、肌の老化を防ぐことができます。
妊娠中には、そのような嬉しいホルモンの分泌が盛んになるのですが、産後にはそのエストロゲンの分泌量が一気に減ってしまいます。
それによって肌のバリア機能が弱まってしまうので、紫外線などの外部刺激の影響が大きくなりやすいのです。

メラニン色素の生成が活発化する

妊娠中には美肌ホルモンの分泌が活発になるのですが、それ以外のホルモンの分泌も活発になります。
それが女性ホルモンであるプロゲステロンです。
これは胎盤を形成したり子宮筋の収縮を抑えたりというように、妊娠には不可欠な役割を担うホルモンなのですが、実はプロゲステロンはメラニンを作り出すメラノサイトの活性化に働きかけるホルモンでもあるのです。
このため、女性の中には妊娠中にしみが濃くなってしまったという方もいます。

出産を経ると、プロゲステロンの分泌量は急激に少なくなるのですが、産後すぐにその分泌量が妊娠前の状態に戻るわけではありません。
だいたい産後半年ほどで、プロゲステロンの分泌量が元に戻っていきます。

産後のデリケートなお肌に

産後のしみを防ぐためには、通常と同様に紫外線対策や美白ケアを行っていきましょう。
日焼け止めクリームだけでなく、日傘やストール、サングラスなども活用していくことで、総合的な紫外線対策を行えるようになります。
また産後の肌は、普段よりもデリケートになっている場合がありますから、美白化粧品を選ぶ場合にもなるべく低刺激のものを選ぶような工夫が求められます。
産後の肌にオススメの成分としては、「油溶性甘草エキス」「カモミラET」「セラミド」などがあります。
そのような成分が入っていて、なおかつ香料や保存料といった成分が使われていない美白化粧品を選ぶのが理想的です

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。