しみやしわが生じる原因や、解消するための対処法を分かりやすく纏めています。

menu

しみ・しわの原因対策

週に1〜2回でOK!お手軽かっさをスタート!

5b9b08a258eeb489c8fe802c86539155_s

かっさのやり方をチェック!

今回は皆さんにかっさの方法を紹介します。
陶製のレンゲでもかっさは行えますが、今回はかっさプレートを使います。

用意するのは、かっさプレートと、フェイスクリームorオイルのみです。
フェイスクリームもしくはオイルを顔とデコルテの両方に塗ります。
そして、まずはリンパの流れをよくするために、以下のようにマッサージしていきます。
今回はかっさプレートの長く伸びている部分を使用し、それぞれ3回ずつかっさプレートを当てていきます。
また、右側が終わったら左側、というように左右両方マッサージすることも忘れないようにしましょう。

・こめかみから耳の前に向かって、上から下へ。
・アゴの先から耳の下にかけて、下から上へ。
・鎖骨のくぼみを、内側から外側へ。

このようなマッサージにより、滞りがちなリンパの流れをスムーズな状態へと導けます。

顔全体に細かならせんを描く

次に、かっさプレートの先端を使用し、顔全体をマッサージしていきます。
どの動きもマッサージする方向は「内側から外側」で、かっさプレートをくるくると細かく動かしながら顔全体に程よい刺激を与えていくことがポイントです。

以下、マッサージする部位や方向について紹介します。

・眉が生えている部分や眉間から、生え際にかけて。

・小鼻の横からこめかみにかけて。
・口角の横から耳の前にかけて。
・アゴの先から耳の前にかけて。

このマッサージも、上記と同様1つの箇所につき3回ずつプレートを当てていき、左右それぞれ行っていきます。

老廃物を流してフィニッシュ

最後にかっさプレートのカーブを使って、老廃物を流していきます。
以下、マッサージする部位や方向について紹介します。

・生え際の真ん中から耳の前にかけて。
・小鼻の横から耳の前にかけて。
・口角の横から耳の前にかけて。
・アゴの先から耳の前にかけて。
・耳の下から首筋を通り、鎖骨のくぼみにかけて。

これも、上記と同様に左右それぞれ同じように行っていきます。

かっさが終わった後には、フェイスクリームもしくはオイルを洗い流しましょう。
その後ホットタオルを肌に当て、お肌に休息を与えていきます。
そうしてから普段のスキンケアを行っていくと、いつもよりも化粧水の飲み込みがよくなるなどの変化が期待できるでしょう。

かっさはやり方さえ覚えてしまえばとても簡単な美容法ですし、慣れれば時間もそれほどかからないはずです。
かっさを行う頻度も週に1〜2回ですので、毎日行う必要がないというのも嬉しいポイントです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。